| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

現状維持

またまたすっかーーーり放置してしまいました

先週、年に一度のタフィーのワクチン接種に行ってきました

2012-5-15.jpg


ついでにあれこれ相談も兼ねて診察も。

聴診の他にレントゲン撮影とエコーをやってもらいました。
今の先生にお世話になるようになって約1年。

1年前に撮影したレントゲンと比較しても、心臓の肥大化は全くなく
エコーの結果を合わせても、タフィーの心臓病の病状は現状維持で進行は全く見られないという嬉しい結果でした

しかも、1年前に処方されていたお薬の内容は、かなり重い内容だったのですが
先生が1年間診てきた所見からは、それほどの薬を飲む必要はないかもしれない・・・
と言う事で、ただ急に減らすと逆効果のお薬もあるので、とりあえずは利尿剤だけは徐々に減らしています。
もしかしたら、次回からは完全になくなるかも♪

肺水腫を患っても、進行しない場合もあるそうで、タフィーの場合はレントゲンを見ても
心臓の大きさは健康な子とそれほど変わらないそうで、今は肺水腫も見られないし
利尿剤はかえって腎機能に負担をかけるので減らしましょうという事のようです。

それでも胸に手を当てると鼓動が手のひらにバクバクと伝わるし
僧房弁を支える腱策の断裂はあるわけだから、これからも養生に越したことはないんだけど。

お薬が減るって嬉しいですよねぇ~


さて・・・・今後の課題はと言うと・・・・

ダイエットです


ななななんと・・・・・ついに3キロになってましたどうしよぅ・・・

お洋服がパツパツで着れません
いえいえ洋服なんてどうでもよくて、健康のために減量せねば・・・


って事で、ご無沙汰していましたが元気です。飼い主もね(笑)

スポンサーサイト

| 病気 | 21:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年に一度の・・・

本日、タフィーは年に一度のワクチン接種の日でした。

我が家の引っ越しは毎回3月末なので、引っ越し直後のワクチン接種は
体調的にも病院探しの点でも、それに狂犬病予防接種と重なる点でも結構しんどい。

なので元々4月だったのを最近ではGW後にして、狂犬病は6月まで遅らせることにしている。
と言っても去年は病気のこともあって、ほぼ外には出ないので狂犬病は自主的に見送らせて頂いたけど

今回はすんなり掛かりつけ医も決まったので、今日の午前中に行ってきました~
病院
注射待ちのタフィーさん

後のレントゲンは前回撮影のタフィーのレントゲンです。
小さくて解りづらいけど、レントゲンだけで見たら心臓の肥大はそれほどではなくギリギリ正常の範囲だそうです。
心雑音はすごいんだけどね・・・

1年の間、多量のお薬を飲み続けているせいか
時々、食欲不振になったり嘔吐したりします。元気なんだけどね。
先週はちょっと下痢でした。

念のために胃薬を頓服で頂いてきました。

今の利尿剤の投薬量は症状に対して多めなんだそう。
この量を長期間のみ続けると腎臓にも影響を与えるので
出来たら少しずつ減らしていけたらいいなーーーと様子を見ることに。

肝心の注射は、全く泣かずにあっという間に終了~
とっても良い子でした
今まで注射で泣いたことないんですよぉ~
鹿児島では危険が多いという事で9種を薦められましたが
今回は6種で。先生も6種で十分でしょーとの事でした。

帰宅後もグッタリすることもなく、元気いっぱい~
そう言えば、体重もほーーーーーんの少しですが減ってました
最近増量ばかりだったから嬉しいーー
飼い主も見習わなねばっ

≫ Read More

| 病気 | 21:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

回復してきました!

皆様の特大のパワー、ビシビシとタフィーに届いたようです。
メッセージ、メール、本当にありがとうございました。

タフィーも私もとっても勇気付けられ励まされました。

ありがとーー
ありがとう



今日、診察していただいてきました。

レントゲン撮影の結果、前回は真っ白になっていたタフィーの肺が綺麗になっていました。
心臓も若干腫れが引いて小さくなっていました。


昨日の朝、1度だけ小さな咳をして以来、一度も咳は出ていません。
ゼーゼーしていた呼吸もなくなりました。
心拍数はまだ多いので、心臓が頑張りすぎている事に違いはありませんが
これは肺じゃなくて腱索断裂によるものなので、これからの課題です。


自宅ではないストレスと、疲れもあるのか寝てばかり。
甘えているのか、おやつは食べるのにフードはほとんど口にしません。
今日はウン○も出てないし・・・・
(でもレントゲンでしっかりしたウン○を確認済み)

抗生物質を止めて、体力をつけ、数日後の診察で再度状態が安定していれば
鹿児島へ戻っても良いと言っていただきました。


今回は偶然にも素晴らしい先生に出会え診て頂いて、適切な処置をしていただいたお陰と
皆様のパワーで、早く回復することができました。

現在のタフィーの心臓の状況も詳しく知ることもできたし
その対策のために、私達飼い主が取れる選択肢を知ることもできました。

何も知らずに、突然最悪の状態になったかもしれない事を考えると
不幸中の幸いだったのかもしれません。

まだ暫く実家滞在が続きますが、しっかり体調管理して鹿児島へ戻れる日を待ちたいと思います。


本当にありがとうございました。
まだ暫く、見守っていてくださいね。


hiro&タフィー

| 病気 | 21:42 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

せつない・・・告知

そろそろ入梅かしら・・・不安定なお天気の鹿児島です。

やっと、ちょっと、落ち着いてきたのでブログに書く気持ちになりました。
書くと切なくなるけど、これからずっとタフィーと暮らしていくのだから、ここには書いておかないとって思うので告白します。長いです・・・ごめんなさい。

最初は4月末にワクチン接種にいつもの病院へ行った時の事でした。

3月にペットドックをした時には異常がなかったのですが、
その時の診察で「心臓に雑音がある」と告げられました

実は、2歳の頃に1度だけ「心雑音がある」と言われた事があって、その後何度かチェックしてもらったけれど、それ以降心雑音が聞こえた事がなかったので、今回もたまたまかも・・・って特に深刻に受け止めてはいなかったし、先生も次回にまた聞こえたらエコーでも撮ってみますか?って程度だったのもあります。

先週、シャンプーの為にサロンにタフィーを預けて、自分は買い物へ向かう途中にサロンから電話が入りました。

「タフィー君、血尿が出てるので戻ってきてください!」って・・・

慌てて戻ると、タフィーは元気だし血尿自体はたいした事はなかったんだけど、心雑音との因果関係とかあったりして?なんて不安になって、サロンのスタッフさんに相談したら、循環器の専門医がいる動物病院を紹介してくださいました。

すぐにそちらへ行って、心雑音の事、血尿の事を伝えたら、即エコーを撮ってくださいました。

結果・・・・心雑音の原因は僧帽弁閉鎖不全症でした泣

血尿については、尿検査も腹部エコーでも異常なしで原因不明ですが、その後は一度も出ていないので今のところ大丈夫です。
09-5-27-2.jpg
ボク、心臓が悪いの・・・・

僧帽弁閉鎖不全症は心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁の閉まりが悪くなり血液の循環が悪くなったり逆流したりする病気で、小型犬のシニアに多い病気だそうです。
また完治することはなく、進行性の病気です。

タフィーの場合、心雑音の程度は1から6の内の「1」とまだ軽度だそうで心雑音以外のハッキリした症状は出ていないのですが、7歳での発病はちょと早いようで、もしかしたら進行の早いタイプかもしれないそうです。
なので、出来る限り進行を遅らせるように投薬治療を開始することにしました。

タフィーが飲むお薬はACE阻害薬と言って、簡単に言えば心臓の働きを休めてあげるお薬だそうで、僧帽弁閉鎖不全症を診断されたら多くが最初に飲む薬だそうです。
強いお薬ではない代わりに、副作用もほとんどないらしく、安全性の高いお薬だそうです。

最近のタフィーは食いしん坊なので、フードと一緒にお皿に入れてあげたら簡単に飲んでくれました
これからお薬とは長いお付き合いになるから、すんなり飲んでくれたタフィーはホント良い子ちゃんです
09-5-27-3.jpg
もうシニアだけど・・・良い子って言われた・・・jumee☆faceA106簡易レフ板を使ってみたらお目目キラキラ写真になったぁ~



最近・・・・・
お散歩のスピードがちょっぴり遅くなったのも・・・・

「ただいまぁ~」って帰ると、3度に1度は玄関にお迎えに来てくれなくなったのも・・・

お昼寝の時間が長くなったり、夜寝る時間が早くなったのも・・・

暑い日のお出掛けが満面の笑顔なのも(舌がベローンって出てる)・・・・

大好きな「たまごちゃん」で遊ぶ時間がちょっとだけ短くなったのも・・・・

そして、以前の検査で肝臓と腎臓の値が悪かったのも・・・・・

歳をとったからだけじゃなくて・・・
もしかしたら、もしかしたら、心臓が疲れたって言ってたからなのかもね。
それを思うと、本当に切なくて、悲しくなる涙

でも、症状が出る前に気付けたし、循環器専門の先生も紹介していただけたし、今のところは投薬と定期的な検査以外の制限はしなくて良いと言われたし、飼い主がしっかりして病気と上手に付き合っていかないといけないよねjumee☆faceA130

サロンのスタッフさんのワンコは、タフィーと同じ病気でお薬飲みながら19歳まで生きたそうです。
とっても心強いお話だよねー

闘病ブログにするつもりはないけど、定期的に病院へ通うことになったので、またそのつど病気については記していきたいと思っています。

とりあえず、タフィーは食欲もバッチリで元気いっぱい
今日も狂犬病の予防接種を受けて来ましたのでご心配なく。
あ、飼い主もすっかり立ち直っています(爆)jumee☆shy1



≫ Read More

| 病気 | 19:01 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。